映画『おっさんのケーフェイ』に空牙以下、道頓堀プロレス選手多数出演決定

2016-12-15
映画『おっさんのケーフェイ』


『大阪×プロレス』笑って泣ける熱いエンターテイメント!!


本作は、大阪を舞台に小学生たちが元・プロレスラーの“おっさん”との交流を通して、世界との向き合い方を学ぶ姿を描く長編劇映画です。第13回CO2助成作品として制作され、来年3月に開催される『第12回大阪アジアン映画祭』でのプレミア上映を予定しています。『プロレス』というジャンルを通して今の時代を描くコメディであり、少年たちの成長物語です。主演は、話題作に多数出演し、第25回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞した川瀬陽太。大阪を拠点に全国で精力的に活動している道頓堀プロレスと若き映画スタッフのコラボレーションで、プロレスを真正面から描く娯楽映画を目指します。

地方に生きるレスラーと、小さな一歩を踏み出す小学生たちの姿を通して、プロレスファンもそうでない観客も、思わず拳を握り締めるようなエンターテイメントとしてこの映画は完成します。主人公のライバルとなる森田役(ダイナマイトウルフ)を演じるのは覆面レスラー・赤城。他にも空牙を始めとする道頓堀プロレスのレスラーや、和泉市議会議員も務めるスペル・デルフィンといった関西を代表する選手たちが本人役で出演。地方プロレスの魅力を全国に発信します。

出演:川瀬陽太、松田優佑、赤城、松浦祐也、空牙、スペル・デルフィン…ほか

※大晦日に開催される大晦日プロレスで映画撮影!

12月31日、世界館にて開催される大晦日プロレスのカウントダウンイベント開場前に、映画の中で重要なシーンであるダイナマイトウルフの引退試合のシーンを撮影します。対戦相手は空牙選手。この試合シーンに観客役のエキストラとして参加いただける方を募集します。イベント前に映画に出演して、夜はそのまま大晦日プロレスの試合を観戦。一生忘れない大晦日になることをお約束いたします。(谷口恒平監督)


□撮影日程
12月31日(土)14:00~18:00

□撮影場所
世界館
大阪市港区波除6-5-15
TEL/06-6581-6814

□参加受付
hanazono.cinema@gmail.comまでご連絡ください(担当:坂井)


※あらすじ

大阪府道明市に暮らす大翔(11)の悩みは、将来の夢や夢中になれるものが何もないこと。学校では、ダンスに打ち込むクラスメイトの輝男(11)からバカにされている。放課後は冴えない友人たちとともに、河川敷で過ごすことが日課になっている。3人がいる対岸には、酔っ払いながらプロレスごっこをしている正体不明の中年・坂田(47)がいるが、それも日常の一部。

ある日の放課後。たまたま目についた道頓堀プロレスの試合会場に1人で入っていく大翔。そこでは、人気レスラー・ダイナマイトウルフの引退試合が行われていた。その試合を見て、大翔は今まで感じたことのない興奮を覚える。その帰り道、中学生に絡まれていた大翔は、たまたま通りかかった坂田にプロレス技で助けられる。坂田が手に持っていたのはダイナマイトウルフのマスクだった!大翔はダイナマイトウルフの正体は坂田だと考え、大翔たちは坂田にプロレスを教わることになる。そんな中、次の道明市議会選挙に、引退したダイナマイトウルフが立候補することになるのだが…。


Copyright(c) 2013 Doutonbori Pro-Wrestling. All Rights Reserved.