三原一晃<第4代WDW王者>

三原一晃
2008年大阪プロレスでデビュー。
大阪プロレスのプロレス教室出身。
緑のモヒカンがトレードマークで入江茂弘(DDTプロレスリング)とのチーム「グリーンベアーズ」などでも活躍。
2014年大阪プロレスを退団後は道頓堀プロレスにレギュラー参戦。
JOKERを経て現在は主にタダスケとタッグを組む機会が多く2015年にはWDWタッグに挑戦するも敗退。
2016年、最強男ではビリーケン・キッドから初勝利しVKFではゴアからも勝利と今、一番勢いに乗っている若手。
2017年4月マグニチュード岸和田から勝利し第4代WDWチャンピオンとなり7月のエディオンアリーナ大会ではGAINAを倒し初防衛に成功している。

身長169cm 体重115kg

【得意技】
爆撃ラリアット、エビル・ベアーボム
フライングソーセージ、キン肉バスター

ビリーケン・キッド(プロレスリング・アンサー)

ビリーケン・キッド
2002年1月、大阪プロレスに初登場。正規軍に所属しルードユニットFLUxx(フラックス)と抗争を繰り広げる。
大阪プロレスのトップ選手として長年活躍していたが2014年大阪プロレスを退団。The Bodyguard、菅沼修とともに2014年道頓堀プロレスの会場に現れ、参戦表明。
以後、道頓堀プロレスにレギュラー参戦し、政宗とのタッグで初代WDWタッグチャンピオンとなる。
2015年9月にプロレスリングアンサーを旗揚げ。
その後も道頓堀プロレスにはレギュラー参戦中。
2017年空牙と組み、大日本プロレスへ流出していたWDWタッグ王座を奪回し新チャンピオンとなった。
身長170cm 体重83kg

【得意技】
ベルティゴ、こうもり吊り落とし

赤城

赤城
1993年2月13日、PWCにて牛若丸としてデビューし、その後FMWにて「超電戦士バトレンジャー」の好敵手のダークレンジャーとして1993年10月15日に再デビュー、1994年7月17日にマッハ隼人(二代目)のリングネームでデビュー、1995年7月に覆面を脱ぎ素顔に、その後フリーランスとなって新日本プロレスなどで活躍した。 その後ミラクルマンとして大阪プロレスで活動していたが、2011年TAKAみちのくによって正体を暴かれ「ミラクルマン興行」で対戦した。 2011年「FFFプロレスリング」を設立し大阪府立体育会館第二競技場で旗揚げ、 同年マッハ隼人として「京都プロレス」を旗揚げするが翌年退団。2014年9月1日FFF解散しフリーに。
道頓堀マットで再びミラクルマンとなり2016年4月、リングネームを赤城に改名。
同年12月お笑いオールスター・バトルロイヤルを制し初代WDWW王者となる。
2017年映画「おっさんのケーフェイ」にてダイナマイトウルフ役で出演。

身長170cm 体重87kg

【得意技】 ミラクルドライバー

マグニチュード岸和田

マグニチュード岸和田
1990年代前半にデビュー、インディー団体を転々とし99年に大阪プロレスに怪獣Ζマンドラとして登場、主にコミカル路線で活躍していたがヒールユニットFLUxxに加入、翌2002年に“ビッグボス”MA-G-MAに変身。
同年の天王山トーナメントで優勝(その後3連覇)などの存在感を見せる。
FLUxxが消滅した後は岸和田愚連隊を結成し団体のトップヒールとして活躍。
2004年には新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。
2005年の分裂騒動で大阪プロレスを退団。
DRAGON GATEマットに登場しリングネームをマグニチュード岸和田に改名。
2006年11月に自身の正体が藤田豊成であることを公表、フリーに転向。
道頓堀プロレスに旗揚げ時より参戦中の「大阪で一番強い男」。
2015年空牙との”最強タッグ”で道頓堀タッグキングトーナメント優勝。
2016年の最強男決定トーナメントに初優勝、同年10月にラ・ピートに勝利し第3代WDW選手権王者となった。

身長175cm 体重90kg

【得意技】
ラストライド

HUB 

HUB
みちのくプロレスに練習生として入団するがデルフィンらとともに離脱し大阪プロレスの旗揚げに参加、99年「スペル・デメキン」としてデビュー。
2003年岸和田愚連隊に属し「ゴア」としてルードに転向。
2004年SUPER J-CUPトーナメントに出場。
2005年リンピオに再転身し「スーパードルフィン」となりエースとして活躍。
2007年GAINAからバッドフォース入りの勧誘を受け再び「ゼロ」としてルードターン。
2008年沖縄プロレス旗揚げに参加。「怪人ハブ男」として活動。
初代沖縄プロレス王決定トーナメントに優勝、ZERO1等、他団体でも活躍。
2012年沖縄プロレスが本土へ移動し、興行団体化したため退団。
リングネームをHUBと改名し、フリーとして様々な団体で活躍中。
2013年、道頓堀プロレスにも旗揚げ時よりレギュラー参戦中。
2015年6月、ヲロチとの蛇タッグでWDWタッグタイトルに挑戦し勝利、第3代WDWタッグチャンピオンチームとなった。
2016年はタッグベルトを賭け、大日本プロレス勢と抗争。アブドーラ小林&星野勘九郎からは防衛するも、同年9月に”黒天使”沼澤邪鬼&竹田誠志に敗れWDWタッグ王座から転落。
現・大阪プロレスチャンピオン

身長168cm 体重80kg

【得意技】
猛毒波布空爆、亜留魔下首領、ジャック・ハマー

ディアブロ(rage)

HUB
1994年ゲレーロ・ディアブロとして対アステカ戦でデビュー。その後、西日本プロレスに入団。
2000年4月、プロレスリング華☆激に移籍と同時にリングネームをディアブロに改名。
2009年、華☆激を退団。
2015年9月、21周年興行にて5代目ブラックタイガーより勝利。
2017年より岐阜・柳ケ瀬プロレスにレギュラー参戦。
同年7月、道頓堀最強男決定戦トーナメントに突如現れ、ラ・ピートと合体しヒールとして大暴れ。
同年11月、ラ・ピートとのタッグで道頓堀最強タッグキング决定トーナメントに優勝。
ヲロチも加入しユニット名を「rage(レイジ)」と発表した。


身長175cm 体重95kg

【得意技】
BJボム、ディアブロドライバー、悪魔首折り弾

織部克巳

冨宅飛駈

冨宅飛駈
1989年のUWF新人テストを受けて合格。
90年8月冨宅祐輔のリングネームでデビュー。
同年末の第2次UWF解散では船木誠勝に従い、プロフェッショナルレスリング藤原組へ参加。
91年7月にはムエタイのラフィ・ナ・パタヤと異種格闘技戦を行う。
93年に船木らと共に藤原組から離脱、パンクラスを旗揚げ。
その後パンクラスMISSION所属として大阪に拠点を移し関西圏を中心として様々な団体に出場。
道頓堀プロレスは旗揚げ時よりレギュラー参戦。
2015年8月、「道頓堀最強男トーナメント」では決勝でラ・ピートに敗れたもののマグニチュード岸和田や空牙などトップ選手を連破するなど実力者ぶりを発揮。

身長180cm 体重80kg

【得意技】
腕ひしぎ逆十字固め、チキンウイングフェイスロック、殺人チョークスリーパー

スミヒデアキ

スミヒデアキ
空手拳法拳和館を主宰し後進の指導にあたりつつ、35歳でプロレスデビュー、「ど真ん中プロレス」などで活躍。
旗揚げ時より道頓堀プロレスにセミレギュラー参戦中、シングル・タッグのトーナメントにも出場した。
また、関西圏で開催される格闘技の大会に選手・レフェリー両方の立場で関わっている。

身長170cm 体重80kg

【得意技】
キラキラ星、キムラロック

菅沼修

菅沼修
1995年デビュー。
2005年より大阪プロレスでアイス・ペンギンとして戦っていたが2007年4月、2代目えべっさんとの試合で勝利し、3代目えべっさんとして再デビュー。
2013年にはスポットで素顔でも試合をするようになり「水曜カレープロレス(仮)」でカレー軍(仮)のリーダーとして活躍。
2014年4月20日をもって大阪プロレスを退団し素顔で道頓堀プロレスに参戦。
当初はストロングスタイルで戦っていたが今ではお笑い中心のファイトスタイルに。
2016年2月カレー軍(仮)から菅ちゃんラーメン軍(仮)へと進化を遂げる。
マスクマン「おっさん」としても活躍中。

身長172cm 体重90kg

【得意技】
底なし沼、スライディング・ラッシャー

救世忍者乱丸

乱丸
道頓堀プロレスのコミカル担当の女子レスラー。
OSAKA女子プロレスプロレスリングWAVEなどにもレギュラー参戦中。
自主興行「乱丸フェスタ」も開催している。

身長 体重不明

【得意技】
忍法金縛り、他忍法・・・

大久保寛人

大久保寛人
プロレスリング紫焔所属、道頓堀プロレスには2014年10月よりレギュラー参戦中。
メキメキと実力をつけ伸び盛りの今後最も期待されている選手である。

身長170cm 体重80kg

【得意技】
ロコモーション式フィッシャーマンズスープレックス

政宗

政宗
1998年に単身メキシコに渡り、わずか3か月でプロライセンスを取得。
99年4月にメキシコシティ郊外にてデビュー。
2000年にメキシコのメジャー団体AAAの所属となる。
2001年にはプロレスリング華☆激の名古屋大会にて「MASAMUNE」の名で日本マットに初登場。
2002年には様々な団体に出場し、その後は大阪プロレスに専属フリー契約する。
2013年4月、大阪プロレスとの専属フリーランス契約を終了。
6月「空牙自主興行」に参加、道頓堀プロレス所属となりその後ビリーとのタッグで初代WDWタッグチャンピオンとなる。
2015年メキシコで『Lucha Libre World Cup2015』にKENSO(全日本)、3代目ダイガーマスクとのトリオで日本代表として参戦。
同年9月フリーとなるが道頓堀プロレスには継続参戦中。

身長170cm 体重75kg

【得意技】
雷切、骨喰、蜻蛉切

ヒロトウナイ(KAIENTAI DOJO)

ヒロトウナイ
2006年11月vsTAKAみちのく戦にてデビュー。
2009年11月、試合終盤突如としてパートナーの滝澤を裏切りMONSTER Plantに電撃加入、ヒールターンを果たす。
2010年12月敗者ユニット離脱4WAYタッグマッチにて大石真翔・旭志織組に敗れ、モンスター・プラントから離脱。
2011年4月、旭・佐藤とのチームで千葉6人タッグ選手権初代王者となる。
2015年11月、キャリア10年目にして初のシングル王座となるUWA世界ミドル級王座を奪取。また、滝澤大志、吉野コータローとともに赤闘覇を結成。
2016年3月、結婚を報告。地元大阪への転居が発表。
5月20日、大阪転居後初の試合として道頓堀プロレスに参戦。以降は道頓堀プロレスとK-DOJO大阪大会を中心に活動中。

身長175cm 体重80kg

【得意技】
払い腰、腕固め、滝落とし、飛鳥落とし

アルティメット・スパイダーJr.

ヒロトウナイ
2006年大阪プロレスにてデビュー。
2007年、拠点を沖縄に移すが2009年8月、アルティメット・スパイダーJr.として再び大阪プロレスへ。
タコヤキーダーとの「タコスパ」タッグを結成。
2012年3月、試合中タッグパートナーの小峠篤司を裏切りJOKERに加入、ヒールターンしスパイダーJに改名。
2013年6月、リングネームをアルティメット・スパイダーJr.に戻し「「タコスパ」も復活。
2014年4月20日、大阪プロレスを退団。
以後、東西問わず様々な団体で活躍中。
2017年8月、タコスパで岸和田&守屋の大阪最強タッグを破りJ2000タッグチャンピオンに。
同年10月、タコスパとして大阪プロレスタッグ選手権も獲得。

身長175cm 体重80kg

【得意技】
スワントーンボム、サイドスピンフリップ、スパイダーピストル
Copyright(c) 2013 Doutonbori Pro-Wrestling. All Rights Reserved.